電話代行サービスの契約までの流れ ~ Telephone Agency Service

電話代行サービスの契約までの流れ

電話代行を活用するまでの流れ

自社の電話業務を委託することで、業務負荷の軽減と、売上に結び付けられる見込み客の掘り起こしを可能にするのが、電話代行を利用することにより得られるメリットです。自社の業務の効率化を実現するために、電話代行を利用することを検討する方のなかにも、どのような流れで導入するべきかのイメージが掴めない方は多いでしょう。

電話代行を利用する場合には、インターネットの比較サイトなどを参考にしながら、導入した方の口コミや評判を元に選んでいく形が多いものです。気に入った会社を見つけた場合には、電話で相談を行い、どの程度の料金が掛かっていくかの相談を進めましょう。多くの会社では、プランに応じたオーダーメイドが可能になっています。予算や目的に応じた導入プランを検討していきましょう。

専用電話番とサービス開始日の確認

電話代行を利用するにしても、いつからサービスを利用するかや、どの電話番号を活用するかを決めなくては、利用できないものです。電話代行会社によっては、アポ取りや受信に使う電話番号を提示してくれる場合もあります。顧客からの問い合わせに使う電話番号の場合には、サービスの開始にあたって、広告の配信を伴う場合もあるものです。代行会社の方と打ち合わせをしながら、適切な番号の取得を進めていきましょう。

サービスの開始を行う前に、社内でデータの格納方法や、営業部門への展開方法も確立しておくことが必要です。電話代行の会社とは、長い契約になる場合も多いものです。代行会社のなかには、無料で試せる期間を設定している会社も数多くあります。実際に利用してみて、自社にあっているかを確認してから契約を進めましょう。